皇帝ベッケンバウアーは18歳で国の代表へ選出。
その時に、コーチから指導されることに対して「コーチそれってこういうことですか?」
少年ベッケンバウアーはコーチの言うことをすべて行うことができた。

先日FBから情報をいただきサッカーの池上正さんの指導者講習会に参加さえてもらいました。

その講習会で教えていただいた、
ベッケンバウアーは代表入りの前に様々なプレーを遊びの中で試し、体得していた
というお話です。

実は池上先生の今回の講習ではほとんど
「こうなるためにこうしよう」
というような理屈がなかったんです。

それで、指導者の方から
「なんのための練習か教えてから練習させないんですか?」
というような質問があったわけです。


そこで、
やってみて、それから理屈が付いても悪くないだろう
というようなことでベッケンバウアーの例が出されたわけです。
【送料無料+特別クーポンあり】DORACO 子供乗せ 自転車専用 ブランケット Mサイズ 防寒 マジックテープで簡単装着 あったか ブランケット DORACO FIRST ドラコファースト ベビー ブランド 日本製 出産祝い ギフトに 人気
【送料無料+特別クーポンあり】DORACO 子供乗せ 自転車専用 ブランケット Mサイズ 防寒 マジックテープで簡単装着 あったか ブランケット DORACO FIRST ドラコファースト ベビー ブランド 日本製 出産祝い ギフトに 人気
話は変わりますが、先日我々の❝野球を勉強する会❞という会合の2次会でもそういうたぐいの話になりました。

若い指導者の方が言いました。

今のスポーツ界は理屈がないとやらなくていいような風潮がある。
だから私は選手に言うんです。

お前の理屈は聞いてない!
とにかく言うようにやってみろ!
そして、その後に俺と話をしよう。

41RxRbvi0XL__SX304_BO1,204,203,200_
選手にはやってみて気づくこともたくさんあります。
だから、指導者の親切心から、指導を先回りし、
あまり理屈を話しすぎると、
選手の気づく心を削いでしまう時があります。

特に小学生!
みなさんの教えている選手に以下のような選手はいませんか?

闘争心がない選手
屁理屈をこねる選手
口ばっかり達者な選手

それは指導者の教え過ぎからきているかもしれませんよ(笑)

而今