ある中学に500点満点の試験で450点とる生徒A君がいました。
そして500点満点の試験で200点とる生徒B君がいました。

みなさんは何点とってました?
忘れたなんて言わないでくださいね(笑)
【ヒーター】【送料無料】±0(プラスマイナスゼロ) カーボンヒーター XHS-Y210 電気ストーブ 速暖 暖房器具 遠赤外線 首振り コンパクト 省エネ トイレ 脱衣所 ベージュ
【ヒーター】【送料無料】±0(プラスマイナスゼロ) カーボンヒーター XHS-Y210 電気ストーブ 速暖 暖房器具 遠赤外線 首振り コンパクト 省エネ トイレ 脱衣所 ベージュ

さて、この二人がある試験で350点取ったとしましょう。
その際にA君は何て言うと思いますか?
その際にB君は何て言うと思いますか?

実はその際に本当の自分のレベルや求めていたことがわかるんです。


今はテストの点数でお伝えしましたが、これを野球で例えると、
普段は甲子園に行こう!
と言って練習している選手たち。

でも、実際に県大会の1回戦を勝つと
心のそこから大喜び。

県大会のベスト8で負けても
良かった! 俺たちはベスト8まで行けた!
と言っています。

そして部活引退、高校卒業、卒業50年しても
俺たちはベスト8まで行けた!
と喜んでいます。

注)喜ぶのが悪いわけではありませんので間違えないでくださいね。


それで、結論を言いますと
この方たちは口では「甲子園」と言っていますが、本心では「ベスト8ぐらい入れればいいんじゃん」と本心は思っていたということがわかります。

ずばり! あなたは本心では「甲子園を求めていない」レベルだったんです!(衝撃)

注)これはあくまで「本心」の話ですのでご注意してください。
yjimageO0SZ4X2W


ある結果が出た時にかっこ付けずに自分の気持ち(心)を見つめてみてください。
そのときに本当の自分のレベルがわかります。

注)だからといって、こんな自分じゃ「ダメ」なんて思わないでくださいね。「あ~まだこのレベルなんだ」と自覚すればそれでOKです。自覚すれば自分をもっと向上させるように人間ってのはできていますからね。

而今
もっと目標について知りたいという方のためにセミナーを行います。
詳細は下のURLをクリックするとわかります。
            ↓
http://www.reservestock.jp/events/157135/
をご覧になってください!!