やりました!
私が目標達成セミナーに入っている高校野球チームがミニ地区大会で優勝しました!!

これで、私が目標達成セミナーをしている高校野球チーム2チームはどちらも地区大会で優勝です。
うれしさにも拍車がかかりますね(笑)
557553


さて、このチームの優勝はただの優勝ではありません。
ターゲットを絞った目標でドンピシャ優勝しました。

だから、優勝以上に優勝した意味があります!


ではみなさんにその意義をお話しします。
なにかの参考になればと思います。
この場合は高校野球なのでそれに沿ってどう目標を作ったのかを説明していきます。


まず、このチームの最終的ゴールは
夏の大会に16強入りするというものです。

そこで、コーチである私は選手に質問します。
某県の秋のベスト8のチームはどこ?
そのチームはどうして勝てたのか、その要因を考えてみて?

そうすると選手は
「〇〇チームには130k中盤の投手がいます」
「全体に左の投手に目立った投手はいません」
「打者では△△チームにAという右の強打者がいます」
「投げる球種の特徴は大半がスライダーです」
などなど情報を出してくれます。

そうなったら、
じゃあ、今度の地区大会にそのレベル、あるいはそれをミニにしたようなチームはあるか?
と聞きます。

そうして出てきたのが参加校の中のC高校。

選手曰く
「C高校の主戦投手は130k中盤です」
「スライダーもまずまず」
「打者にはGという選手がいてなかなか打つと思います」

ということで、選手が出した目標が
C高校に勝って地区大会優勝
でした。

選手には1か月半前のセミナーで言いました。
これからの練習はすべてC高校を想定した練習をしなさい。
みんな一丸となってH君を打てるような練習をするんですよ。
もしかしたら夏の大会のように偵察を入れてもOKです。


そうしたら、見事に決勝はC高校。
先発投手は主戦のH君でした。

これに勝ちましたので目標ドンピシャだったというわけです。


そういうとみなさんの中には
もし、C高校に当たらなかったらどうなってたの?
とおっしゃる方もいると思います。
当然ですよね!

でも、そんなみなさんにそっと教えます。
目標は道具です!
高校野球でいうならば、選手を向上させるための道具なんです。


全員一丸となって、H君を打とうとする。
彼は130k中盤だからマシンをそれにセットして、
チームメイトから「そんなスイングで勝てると思ってるのか」と叱咤激励されながら、
1スイング1スイング集中して練習する。

この練習が、ちょっと対戦相手が変わったぐらいで台無しになってしまうでしょうか?

そうなんです。
このチームはC高校H君を材料にして成長ができたわけなんです。
いわばC高校もH君もおかず。
選手を向上させるためのおかずだったんです。

高級 品川豆炭 12kg 豆炭あんか アンカ 豆炭こたつ
高級 品川豆炭 12kg 豆炭あんか アンカ 豆炭こたつ

今回のこのチームも目標の大切さを実感・体感したはずです。
目標を設定することに意義を感じることになるでしょう。
だから、次回は冬の目標設定をしますが、真剣みが増すに違いありません。

さて次はどこのチームをおかずにしようか?
某県の高校球児のみなさん
おかずにさせていただきます!

而今
*メルマガを発行しています。
メルマガにはブログに掲載しないアセスメントや工夫、指導のポイントそして有益なイベント情報を掲載します。
ご興味ありましたら下(↓)をクリックして登録してください。
勝利を目指せ!齋藤謙信のコーチング道
お待ちしております。