指導者のみなさん縛られてますか?
間違えた!

指導者のみなさん縛ってますか?
6516

ここでいう「縛る」というのは、「試合などで選手に条件(枠)を付けて、自由にさせないようにさせていますか?」というはなしです。

こんなことを書きますと、このご時世ですから「子供たちに自由に、のびのびとやらせないなんて、あのチームの指導者はおかしんじゃないの」なんて言われそうですけれどね(笑)

でも、そんな方には一言
試合になったら相手は自分たちを自由になんてさせてくれませんよ
これスポーツの大原則です(笑)

だから、指導者は選手のプレーに条件や枠を付け、縛らなければなりません。
というか、付けた方が選手は上達しますし、勝てるようになります。
なぜなら、「試合になったら相手は自分たちを自由になんてさせてくれない」という前提に立って練習や練習試合をしているからです。

あっ、勘違いしないでくださいね。
指導者には都合の良い方もいますから。

この縛り(条件付け・枠)は選手を縛るだけではダメ!!!です。
指導者自身も縛らないと。

本当、指導者ってのは選手には厳しいですが、自分には甘々ですからね。

もう一度言います。
指導者の方も縛られてください。
これがないと効果はありません!


でも、この枠には効果的な枠の付け方があります。
みなさん、ご存知でしたか?

ただつけるだけでは・・・。
Hape ハペ アウトドア Target Toss Up ターゲット トスアップ E4305 
Hape ハペ アウトドア Target Toss Up ターゲット トスアップ E4305 

枠の付け方についてはメルマガでお伝えします。
簡単なことなんですけどね。


しかし、この枠の付けた試合ができると確実に選手も指導者も向上します。
連日の練習試合を無駄にしないようにしましょう。

而今
*メルマガを発行しています。
メルマガにはブログに掲載しないアセスメントや工夫、指導のポイントそして有益なイベント情報を掲載します。
ご興味ありましたら下(↓)をクリックして登録してください。
勝利を目指せ!齋藤謙信のコーチング道
お待ちしております。