新聞を見てびっくり!

某県で卓球の監督をする私のクライアントさんのチームが
なんと県大会準々決勝に進出していました。
【早割】クリスマス・半熟ザッハトルテ【おのし・包装・ラッピング不可】【送料無料】【クリスマスケーキ】【チョコレートケーキ】【ケーキ】【チョコレート】【抹茶】【いちご】【苺】
【早割】クリスマス・半熟ザッハトルテ【おのし・包装・ラッピング不可】【送料無料】【クリスマスケーキ】【チョコレートケーキ】【ケーキ】【チョコレート】【抹茶】【いちご】【苺】

この先生は卓球経験はありません。
この卓球部はできて数年です。
この卓球部はその先生が来るまでは野放しです。
この卓球部には卓球の推薦で入学した選手はいません。
この卓球部は中学時代の実績ある選手はいません。
この卓球部は新人戦の成績は地区大会1回戦敗退です。

この先生はコーチングを始めたときの目標は
「地区大会で1回でも勝てるればOKです」でした。

というような目標で、6か月ほど前からコーチングを受けていました。
でも、結果は準々決勝進出です。

たぶん、この先生はこれからもっと勝つと思います。
そして、みんさんにも参考になる点があると思います。
ということで、この先生のセッションでの特徴をみなさんにお伝えします。
500864

まず、この先生とのセッションでの一番の特徴は
卓球技術に関するセッションが一切ないということ。

お互い卓球は知りませんので当然かもしれませんが、
一切技術の話はありませんでした。

あったのは、どうやって選手をやる気にさせるか。
どうやってチームを一丸とさせるか。

そしてなによりの特徴は、
なにか部内で事件があった際に、
どんな自分になったらば事件が解決できるか。
どんな自分なら事件が起こらなかったか。
というように、視点を相手に向けず、自分の改善に努めた
という点です。


何週間かおきに行われるコーチングセッションに
必ず実行し、検証し、改善をしていました。

私は、同じコーチからコーチングを受けても
結果を出すクライアントとそうでないクライアントが存在することを知っています。

そして、結果を出すクライアントは常にベクトルが自分に向いているということも知っています。

而今

*メルマガを発行しています。
メルマガにはブログに掲載しないアセスメントや工夫、指導のポイントそして有益なイベント情報を掲載します。
ご興味ありましたら下(↓)をクリックして登録してください。
勝利を目指せ!齋藤謙信のコーチング道
お待ちしております。