私のコーチングの師匠谷口貴彦氏が教えてくれました。
どんな人間になれば目標を達成できるだろうか?それを考えてコーチするんです。

コーチングにはコーチングをすることでもたらされる効果・効能があります。
その一つに自己変容というものがあります。
まさに師匠はそれを教えてくれたのだと思います。


そんな中で教えてくださったのが
あえて、あなたが目標を達成するために、変えなければならない(変えた方が良い)ところはどこですか?
という問いです。

このブログを読んでくださっているみなさんは目標達成のためにどこを変えなければいけない(変えた方が良い)ですか?


さて、そんな中で「自分には変える所がありません。このままでいいんです」という方がいます。
だったらとっくに成功しているし、コーチングを受ける必要もないだろう(笑)という感じですが、そういう方には
あなたが目標を達成するために、プラスしなければならないところは何ですか?
と尋ねます。

このブログを読んでくださっているみなさんは目標達成のために、自分に何をプラスしますか?
送料無料 敷パッド中わたボリュームタイプ ファミリーサイズ 洗える マイクロファイバー 敷きパッド ファミリー 敷パット ベッドパッド ベットパット 敷きシーツ 敷シーツ 洗濯 無地 暖かい ふわふわ 軽い 寝心地 寝具 冷え性 子供 赤ちゃん おしゃれ お昼寝 北欧
送料無料 敷パッド中わたボリュームタイプ ファミリーサイズ 洗える マイクロファイバー 敷きパッド ファミリー 敷パット ベッドパッド ベットパット 敷きシーツ 敷シーツ 洗濯 無地 暖かい ふわふわ 軽い 寝心地 寝具 冷え性 子供 赤ちゃん おしゃれ お昼寝 北欧

ここからは私の意見です。
やはり、物事を大成させるには自分の行動を変容させる必要があると思います。
コーチングは自分を変える旅です。
まさに、自己変容を成し遂げる旅なんです。

もし、「自分を変えなくてよいんだよ!」という言葉を掛けるなら、その相手は精神的に病んでいる、もしくは疲れている方に対してです。
その方達は自分を変えようとして、苦しんだり、つらい思いをしているのですからね。

それをそんな人たちではない人に使ってしまう方は
自分を変えるのは自分がダメだから変えるんでしょ?!
という発想を持っているからなのではないでしょうか。

「自分を変える」とはそんな意味ではありません。
自分を変えるのは成功するために変えるんです。
ただそれだけなんです。
IMG_20161016_201039
人生には夢や目標、悩みなどといった課題が現れます。
それら課題は「課題」なんです。
なんの課題かといえば人間を向上させるための課題なんです。
つまり、それは課題という名の「人間を向上させるための道具」なんです。

これらの課題(道具)を使い、自己変容を重ね自分を向上させる。
私はコーチングをそのようにとらえています。

だからコーチングではみなさんにお聞きします。
あえて、目標達成のために変えなければならない(変えたほうが良い)ことはなんですか?


而今