去年よりバントが確実にうまくなっています。
バントミスもほとんど出なくなりました。
その発言に全員が力強くうなずきました(笑)
日本製 キングサイズ アウトラスト涼感 敷きパッド シーツ 敷パッド パッド 布団パッド 敷きマット ベッドパッド ベッドパット ベットパット しきぱっど 冷感 ひんやりマット ひんやりシート シーツ ボックスシーツ ベッドシーツ ひんやりシーツ 040201223
日本製 キングサイズ アウトラスト涼感 敷きパッド シーツ 敷パッド パッド 布団パッド 敷きマット ベッドパッド ベッドパット ベットパット しきぱっど 冷感 ひんやりマット ひんやりシート シーツ ボックスシーツ ベッドシーツ ひんやりシーツ 040201223

昨日は目標達成セミナーでした。

私はメンバーに
「自分たちが練習メニューを決めるようになって良くなったところはどんなところ?」
と尋ねました。

その答えが
「去年よりバントが確実にうまくなっています」
という答えです。

m_yakyu

このチームの監督さんにはコーチングもさせてもらっています。

1か月前のコーチングセッションの中で監督さんは
練習メニューも選手に決めるようにさせていきたいんだけど、どうやったらいいんだろう?
とのこと。

そこで、前々回のセミナーで選手にメニューを考えるように促しておいたのです。


私はこの投稿で、バントが上手になったことを自慢したいのではありません。
バントができるようになった要因をみなさんにお伝えしたいのです。

実はこの発言には補足があります。

それは以下の選手の発言です。
今年は練習試合を診て、自分たちで必要なことを炙り出して、自分たちで自分たちにはこれが必要だ」という実感をもって練習しています。だから自覚が違うと思います。

私はセミナーをしながらとてもうれしくなりました。


物事が上手になる(プレーが上手になる)には技術の前に必要なことがあります。
それは選手の練習に取り組む姿勢です。

選手は自分たちで自分たちのしなければならないことを決めることで、練習への取り組む姿勢を向上させたようです。


指導者のみなさんはぜひ選手に練習メニューを決めさせてみてください。
きっと良い結果がでるはずです。

もし、選手にメニューを決めさせるコツが知りたい場合はメルマガを登録してみてください。
8月後半から9月にかけていくつかのポイントと秘密のポイントをお伝えします。

而今

*メルマガを発行しています。
メルマガにはブログの内容をより詳しくしたものやアセスメント、イベントの日程などを掲載しています。

ご興味のある方は下(↓)をクリックして登録をしてください。
勝利を目指せ!齋藤謙信のコーチ道
よろしくお願いします!